建設廃材を再利用するには|人の命を守ることのできるAEDはレンタルをしよう

人の命を守ることのできるAEDはレンタルをしよう

建設廃材を再利用するには

工事現場

建設解体作業費を抑える

老朽化した建物を解体するには手間とお金がかかります。解体機器のレンタル費用や運転費用もそうですが、解体した時に発生するガレキ等の粉砕費用と産廃処分費もバカになりません。これらのコストを抑えてくれると人気なのがガラパゴスとフルイ機です。ガラパゴスは自走式破砕機で、解体工事や破砕工事を行う業者から高い評価を得ています。その理由は、自走式のため組立の工程が省略できることと、解体工事現場でガレキをガラパゴスに投入すれば短時間で破砕してくれます。ただ破砕するだけでなく、破砕されたガラはそのまま埋め戻し材として再利用できます。また岩盤を破砕する時はフルイ機とのコンビネーションにより山砂として販売もでき、産廃処分費を大幅に削減できます。

使用上の注意点

このようにガラパゴスとフルイ機を組み合わせると非常にメリットがありますが、使用するにあたって色々注意点もあります。それは導入にあたって採算性をよく検討することです。ガラパゴスとフルイ機はコスト削減に貢献してくれますが、導入にあたって初期費用がかかります。今後の工事計画を確認して購入しても採算が取れるかよく検討しましょう。ガレキ処分が必要な工事が少ない場合は、レンタルや中古品を購入という選択肢もあります。また製品選びも注意が必要です。オーバースペックの製品を購入すると初期費用だけでなく維持費も大変です。こちらも今後の工事計画からどの規模のガラパゴスとフルイ機が必要かをよく検討して導入しましょう。優れた機械ほど導入時はじっくり検討することが大切です。